辞書の基礎知識


- ↑トップへ - →次のページ:まず揃えたいもの      

辞書には投資を

「辞書はお金で買える実力」といいます。いい翻訳者になるためには、いい辞書を買い揃えることが必要です。また言葉は刻々と変わっていきます。もったいないようですが、順次最新版に買い換えていくこともやむを得ません。辞書は安いものではありません。せっかくお金を出すのなら上質の、使い勝手のいい辞書を買いたいもの。このサイトがそのお役に立てれれば幸いです。


辞書の種類と形態

翻訳に使う辞書や資料にはいろいろな種類と形態があります。

【種類】翻訳の仕事をするには英和/和英辞書・国語辞典・専門用語辞書・百科事典・用字用語辞典などが必要です。次ページ以降では、イマドキのプロの翻訳者に人気のある辞書を紹介していきます。

【形態】辞書には従来からある紙のものにくわえて携帯用電子辞書、電子ブック、CD-ROMなどさまざまな形があります。現在、翻訳者の間でもっともポピュラーなのは、パソコンのハードディスクに格納して使うCD-ROMです。以下に各形態の特徴を記します。
★CD-ROM
[メリット] 速く引ける。原稿作成と同じ画面で引けるので視線と手の移動が少なく疲れない。引いた結果を原稿にコピー&ペーストできる。複合検索など複雑な検索ができる。英和辞書でも和英として使える。一回の入力で複数の辞書を引くことができる(串刺し検索)。
[デメリット] ある程度PCのHDD容量が必要(1タイトル500MB前後)。紙・携帯用電子辞書よりは高価である(内容・使い勝手に照らせば十分安いが)。
★携帯用電子辞書
[メリット] 重量が軽い。スイッチを入れたらすぐ使える。電池のもちが良い。CD-ROMを揃えるより安価。
[デメリット] 辞書の組み合わせが限られている。新しい辞書が出ても中身を部分的に入れ替えることはできない。画面やボタンが小さく、長時間PCと併用すると疲労する(※最近はSIIのPASORAMAシリーズのようにPCにUSBケーブルでつなげるタイプも登場している→残念ながらSIIは電子辞書事業から撤退してしまった。基本的に入手は不可能になったが、たまにデッドストックが市場に出回ることがある。)
★紙
[メリット]もっとも安価。手書きでメモが書きこめる。
[デメリット] 引くのに時間がかかる(探している語句が見つかるまでが大変)。持ち歩くには重い。
★電子ブック(データディスクマン)
[メリット] 徐々に中身が書い足せる。新しいタイトルが出たら中身だけ買い換えれば良い。ケースから出してパソコンに入れれば、CD-ROMと同じように使える(機能制限あり)。
[デメリット] 携帯用電子辞書に比べると重い。動作が遅い。電池がすぐになくなる。タイトルの新発売がほとんどなく、過去のものになりつつある。
★オンライン辞書
[メリット] 最新の情報にアップデートされる。
[デメリット] ネット環境がないと使えない。一部には情報の出典がはっきりしないものがある。
★スマートフォン用アプリ
[メリット] 普段使用しているスマートフォンに簡単に導入できる。
[デメリット] 操作性が悪い。他の辞書タイトルとの連携が難しい。


数年前までは自宅で作業をすることが多い人はCD-ROMをデスクトップに格納し、外出が多い人は携帯用電子辞書や電子ブックを使うことがよくありました。しかし軽量で安価なノートパソコンがたくさん出てきた現在では、必ずしもこの通りではなくなりました。ハードディスクの大きなノートパソコンがあれば、外出先でも家とまったく同じように作業ができるのです。
CD-ROM辞書を購入する際には「EPWING」という規格のものをお勧めします。この規格のものであれば、下記の「辞書ブラウザ」を使って「串刺し検索」ができます。


代表的な辞書ブラウザ

[追記:2017-02-26]下の記事を書いて以来CD-ROM辞書を取り巻く環境がだいぶ変わったのですが、このエントリーをなかなか最新にすることができずにいます。EPWING辞書に興味を持たれた方は、「ビジネス技術実用英語大辞典」[リンク]を制作されている海野和子さんによる「EPWING電子辞書/事典/書籍を閲覧するためのEPWING閲覧ソフトの使い方(Win,Mac,iOS,Android...)」[リンク]をぜひご参照ください。


また翻訳フォーラムでは定期的に辞書や辞書ブラウザに関するセミナーやイベントを行っています。イベント情報はfhonyaku.jpをご覧ください。

<以下、過去の記事>
----------------------
Jammingの販売が完全に終了しました。

後継ソフトについては近々詳しく書きますが、取り急ぎ今までのCD-ROM辞書が使えるソフトを何種類かご紹介します。

--Logophile [ダウンロード]
--EBWIN4 [ダウンロード](現在、もっとも導入しやすくオススメ)
--DDWIN [ダウンロード](動作保証はWindowsVISTAまで)
--その他リンク集「EPWING Viewers (電子辞書検索ソフト・電子辞書ビューアー)」(Maximilkさん) [リンク]

Jamming (Mac版/Windows版 シェアウェア3,500円 30日間試用期間あり)[リンク]

※Jammingの後継ソフトLogophileが2010年4月に発表されましたが、従来のJammingも下記URLで入手可能です。いつまで公開されているかは不明ですので、早めに入手されることをお勧めします。
--Windows版 Jamming [ダウンロード]
--Mac版 Jamming [ダウンロード]
※Jammingの入手、インストール、設定については、「Jamming and Day Filer (PASORAMA)」に詳しくまとめましたので、併せてご覧ください。
Jammingは有料ですが、頻繁にアップデートされ(アップデートは終了しています)、多数の辞書形式に対応しているのが嬉しいところです。2010年4月現在、対応している形式は以下の通りです。最新の対応一覧はこちらで確認してください。
--電子ブック(EB・EBG・EBXA・S-EBXA規格)
--EPWING(V6規格までに対応・広辞苑第6版なども読めます)
--ロゴヴィスタ電子辞典シリーズ(旧システムソフト電子辞典シリーズ))(一部を除く)
--小学館『ランダムハウス英語辞典』
--日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版
--NEC版・平凡社『世界大百科事典』
--メジカルビュー社『ステッドマン医学大辞典』第4版
--南山堂医学大辞典『プロメディカ』(Ver.1&Ver.2)
--ロボワード
--Collins COBUILD
--LONGMAN Dictionary of Contemporary English NEW EDITION
--E-DIC/SENTENCE
--医学英語慣用表現集 第3版
--BAS形式
--OXFORD Advanced Learner's DICTIONARY(OALD)
--LONGMAN Advanced AMERICAN DICTIONARY(LAAD)
--MACMILLAN English DICTIONARY(MED)
--MACMILLAN Essential DICTIONARY FOR LEARNERS OF ENGLISH
--MACMILLAN Essential DICTIONARY FOR LEARNERS OF AMERICAN ENGLISH
--CAMBRIDGE ADVANCED LEARNER'S DICTIONARY(CALD)
--CAMBRIDGE LEARNER'S DICTIONARY Second edition(CLD)
--idm形式
--Oxford ADVANCED LEARNER'S Dictionary 7th edition(OALD7)
--LONGMAN Dictionary of Contemporary English UPDATED EDITION(LDOCE4v2)
--CAMBRIDGE Advanced Learner's Dictionary SECOND EDITION(CALD2)
--NEW 百科事典マイペディア
--ユーザー辞書
--辞郎形式(英辞郎など・JammingDicTools(JDT)でユーザー辞書に変換して使用)
--

・2003年5月更新のver3.2R2より、インターネット検索も直接できるようになりました。Jammingの窓に調べたい単語を入力し、「Ctrl+Y」(Windows)/「Command+Y」(Mac)とすればGoogleに単語が自動的に入力され検索が行われます。

その他の辞書ブラウザ:
DDWin (Windows版のみ フリーウェア) [ダウンロード]
電辞萬(Macintosh専用、7,140円)株式会社計測技研
Viewing(Windows専用 2,150円)イースト株式会社[ダウンロード]

使い勝手のいいこと、ならびにアップデートが頻繁できめ細かであることから、筆者はJammingを強くお薦めします。


- ↑トップへ - →次のページ:まず揃えたいもの      

©2002-2017 Nest Co., Ltd. All rights reserved.
[画像が表示されない場合の対処方法]

Amazon.co.jp アソシエイト

-- --